読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小物SEのメモ帳

IT関係の試したことや調べたことの備忘録

【SQL Server】再コンパイル時の原因調査

SQL Server

バッチでステートメントレベルの再コンパイルが発生した際の原因調査として、拡張イベントが利用できます。

下記のようにsql_statement_recompileイベントを拡張イベントとして追加すれば確認できます。
f:id:utiowa:20170122215041p:plain

実際に当該イベントが発生した場合は以下のようにイベントが取得されます。
f:id:utiowa:20170122215053p:plain
f:id:utiowa:20170122215104p:plain


実行プランを再作成する条件として以下がありますが、後から調査する際にどれであったかわかるのは便利かと思います。
(※拡張イベントを設定することによる負荷増加は念頭に入れておく必要はあります。)

【実行プランを再作成する条件】
・クエリ(ALTER TABLE および ALTER VIEW)によって参照されるテーブルまたはビューに変更を加えた場合
・実行プランで使用されるインデックスに加えた場合
・UPDATE STATISTICS などのステートメントを使用して明示的に生成した実行プラン、または自動的に生成された実行プランによって使用される統計を更新した場合
・実行プランで使用されるインデックスを削除した場合
・sp_recompile を明示的に呼び出した場合
・クエリによって参照されるテーブルを変更する他のユーザが、INSERT ステートメントまたはDELETE ステートメントを使用して大量の変更をキーに加えた場合
・トリガーを含むテーブルで、inserted テーブルまたは deleted テーブルの行数が大幅に増加する場合
・WITH RECOMPILE オプションを使用してストアドプロシージャを使用して実行する場合

広告を非表示にする